100日リストラおっぱい/021

『私はバンドマンの女』

『あんたのライブの日 私はライブハウスの片隅で あんたのCDを売らされる』

今日は仕事を定時で上がって、何故か健太のバンドのライブの物販の手伝いをさせられてる。
付き合ってたときもいつもやってたけど、なんで別れた今もやってるんだろう…。

健太はお金にも女にもだらしないクズなのに、ステージでギターを弾きながら歌っている姿を見ると、悔しいけどまだかっこいいって思っちゃうんだよね。
ファンの女の子も多くて…。
あ、また私のこと睨みつけてきてる。
も~やめてよ…、私と健太はとっくに別れてるんだから…
と思いながらも、少し優越感があるの、複雑。

皆さまこんばんは。nanoパイです。

「100日リストラおっぱい」21日目、今週お送りしている「巨乳OL・旋律かなでちゃんの私服コーディネート」の3日目になります。
最初から読みたい方は「100日リストラおっぱい/019」へどうぞ。

今日のかなでちゃんの私服は、大胆に胸元の開いたオレンジのワンピースです。
ライブハウスで物販を手伝っている女の子ってたぶんバンドのTシャツとか着ていそうな気もするんですけど…。
まぁここはおっぱいブログなので、かなでちゃんのプライベートな服って感じに想像してみました。
胸元を強調することで、健太のファンの女の子と張り合っているような…そういう女心もあるのではと思います。
星が連なったチョーカーがお気に入りです。

そして今日の一曲紹介は、クリトリック・リス「バンドマンの女」です。
この曲は3月までやっていたラジオ・King Gnu井口理のオールナイトニッポン0(zero)でかかったことがあって知りました。
曲を聴いたときも割と衝撃でしたが、MVもけっこう衝撃でした。というかMVがあること自体が衝撃でしたね。

ていうか、健太のやってるバンドのジャンルってなんなんでしょうね…。
まぁそこは皆さんのご想像にお任せしますが。

健太に対してまだ気持ちが残っているかなでちゃんの今後は?

それではまた明日お会いしましょう!

nanoのTwitterはこちら